■プロフィール

スエ

Author:スエ

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■英検1級単語ドリル 黒猫版


■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大晦日まで
12月29日


ついにローラー台購入!!


いろいろ悩みました。。。


最近話題の”Live training"対応のミノウラのMagteqs Twin.

でもLive trainingはi-phoneしか対応していないのでガラケーユーザの僕には不適合。

そしてMagteqs Twin は13段階切り替えで7段階切り替え対応のワットマスターは使えず。


そこで、ワットマスター対応のV-270にしようと予約したところ


V-270はすでに廃盤で後継はLR760になり、13段階になると。。。


いろいろ調べて悩んだあげく、何とか下の7段階までならワットマスターでもある程度
参考数値が出せるということで


LR760を購入

F1000153.jpg

F1000154.jpg

少し遅めのクリスマスプレゼントです。


そしてワットマスター

F1000155_20121231161558.jpg


有線式でスピードとケイデンスを拾い、計算式でパワーを測定します。


特に取り付けは問題なかったんだけど、ケーブルが少し長い。。。

どうにかならないものか。



12月30日

雨だったので絶好のローラー日和ww

で、さっそく乗ってみた

いまいち要領がわからず、レンジ“L”で回してみると、結構頑張って回しても200wにもならない
感じ。

よく分からないまま、やってみる。

10分アップ

4分メディオ的な(40km/h 90CAD 130w(=。=|||))+1分追い込み + 5分レスト × 4セット

10分クールダウン


ローラーってつまらなくて、30分で飽きるって聞いていたけど、1時間があっという間に
過ぎた。

そして濃厚な練習ができた。楽しかったが時間があまりなかったのでこれで終了。満足。


12月31日

今日はFTPを出してみようと試みた。

FTPはパワートレーニングをする際の指標となる数値。

確か5分全力ダッシュした後、20分TTした場合の平均ワットの95%の値。

レンジ”L”ではおかしなワット数値しか出なかったが、その他のレンジでは合っているだろうと思われる
数値が出たので今回はレンジ「2」で試してみる。

10分アップして


5分間 300wキープをした後 20分のTTするつもりだったが

300wキープ、とても無理でハーハーゼーゼー。 とても20分TTやれる状態じゃなく、断念。


FTP計測ももうちょっと慣れてからやらないといけない。


と、いうことで今日もインターバル。


4分 200w → 1分 250-300w → 5分レスト 4セット

10分クールダウン


4分→1分が昨日より少し強度増したかな。

今後はこれを指標に少しずつ上げていきたい。


もう少しなれたらFTP計測してみよう。
メニューとかももっと考えたい。


と、いうことでローラー三昧の年末でした。


おそらく来年の年始ももう少しローラー頑張りたいかな。


それでは皆様、よいお年を~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
きままにポチっとお願いしま~す
スポンサーサイト


未分類 | 16:31:14 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
そう言えば、今年は一緒に走れませんでしたね。
来年はよろしくです。
でも、付いていけないので一緒にはなれないかな(汗)
2012-12-31 月 20:01:00 | URL | めばる君 [編集]
おぉっー きましたね。
メニューで手っ取り早いのはSSTですよ。
パワー SSTで、ググるといっぱい出てきます。

ちなみに、僕は300Wは2分しかもちません(ToT)
2012-12-31 月 20:24:46 | URL | クラ [編集]
めばる君さん、明けましておめでとうございます。
あれ?そうでしたっけ?一緒に走ったのそんなに
前だっけ。時が過ぎるのは早いですね。
機会があればぜひお願いします。

クラさん、明けましておめでとうございます。
SST。。また新しい言葉が。
スイートスポットってやつですね。実際は甘くは
ないだろうけど。
2013-01-01 火 08:04:51 | URL | kimisue [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。